フィンランド

フィンランドFINLAND

北欧雑貨と言えばすぐに思い浮かぶのがこの国ではないだろうか。

映画「かもめ食堂」の舞台にもなったこの国は、のんびりしているようだが実は苦難の道のりを歩んできた。

フィンランドが独立したのはたった100年前。

スウェーデンとロシアの領土争いに巻き込まれた不遇の国は、無一文で独立した中でデザインを磨き上げ、ただの布をデザインファブリックに、ただの食器を国際的に評価の高い作品へと成長させた。

カイ・フランクやアイノアアルト、オイバ・トイッカなど多くのすぐれたデザイナーを輩出している。

=フィンランドのメーカー=

(クリックで各ページへ)

ARABIA

Finlayson

iittala

lovi

marimekko

MOOMIN

 

 

=フィンランド基本情報=

・フィンランド共和国(Republic of Finland)

・面積:約340,000㎡

・人口:約540万人

・通貨:ユーロ(EUR)

・公用語:フィンランド語・スウェーデン語

・首都:ヘルシンキ

スポンサーリンク
marimekko

フィンランド独立100周年記念のマリメッコ柄「ヴェルイェクセトゥ」

わたしも愛用しているマグカップ。 この「ヴェルイェクセトゥ」は英語で「ブラザーズ」兄弟。 フィンランドの森の民話に出てくるキャラクターが描かれています。 クマ、フクロウ、リスetc..見つけられるかな? もう一つ、独立100周年...
ARABIA

ARABIA 24h AVEC 日本のファンの熱意が復刻させたお皿

moi! moiはフィンランド語で「こんにちは。」とか「やあ!」という最も気軽なあいさつです。 別れるときは「moimoi!(バイバイ!)」。便利な言葉ですね。 さて、今日はそのフィンランドの名窯ARABIA社の24hAV...
iittala

イッタラ・カルティオ。シンプルの完成形

イッタラ・カルティオ。 北欧の食器を語るにあたって、このグラスを外すことはできません。 形は口から底に向かってすぼまっていく、いわゆる普通のグラス。この一見何の変哲もないグラスがなぜこれほど人気なのでしょう。 (functio...
marimekko

マリメッコのリュックはバディ?メトロ?

こんにちは。 今日は、マリメッコのリュックについて。 大人気のこのリュック、大きめの「BUDDY」少しコンパクトな「METRO」と実は2種類あって、みなさんどちらにするか迷っているのをよく見かけます。価格もほぼ同じなのがより悩ま...
スポンサーリンク